【初心者向け】 ピアノでJ-POPを弾いてみよう!
鍵盤楽器 ピアノ

【初心者向け】 ピアノでJ-POPを弾いてみよう!

みなさんはどんなきっかけでピアノを始めましたか?憧れのあのJ-POPをピアノで弾いてみたい!そんな方も多くいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、ピアノ初心者に向けておすすめのJ-POP、そして具体的な練習方法について解説いたします。

【おすすめのJ-POP】
おすすめの曲として、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌「いつも何度でも」を選びました。最後に演奏動画をあげていますので、是非ご覧ください。

初めに初心者にオススメの選曲ポイントとしては、単純なリズムの曲、ゆったりとしたテンポの曲が弾きやすいです。これはJ-POPに限らずクラシック、洋楽等どんなジャンルの曲でも同様です。
「いつも何度でも」はこの条件に当てはまるため、初心者でも取り組みやすい曲だと思います。

そして、あの曲がひけるようになりたい!練習にはそんなモチベーションがとても大事ですので、まずは知っている曲、そして弾いてみたい曲を選ぶことも大切です。

弾いてみたい曲があるけど、難しそう・・・そんな時は、ヤマハの「ぷりんと楽譜(https://www.print-gakufu.com/)」というサイトをお勧めします。
こちらのサイトには、様々な難易度に編曲された楽譜があるので、自分のレベルにあった楽譜が見つかりますよ。

それでは練習方法を解説します。これは初心者のみならず、ピアノ学習者みなさんに有効な練習方法だと思いますので、是非参考にしてください。

STEP:1 練習する前に・・・

実際にピアノで音を出す前に、楽譜をよく見てみましょう。
楽譜の最初の部分には、拍子、テンポ、調号など重要な情報が書いてあります。
例えば今回取り上げた「いつも何度でも」の拍子は4分の3拍子ですね。(1小節の中に4分音符が3つ入ることです。)
最初は難しいかもしれませんが、だんだん理解できるようになりますので、毎回確認する習慣をつけましょう。

練習する前に・・・

STEP:2 片手ずつ弾いてみよう

いきなり両手で弾きたくなってしまうかもしれませんが、まずは片手ずつ譜読みをしたほうが、確実にはやく仕上がります。
すらすらと弾けるようになるまで、何度も繰り返して弾いてみてください!

★ポイント 
指使いは守ろう!
音符の上に数字が書いてありますね。これはどの指を使って弾くと弾きやすいのかが分かり、スムーズな演奏の手がかりになります。
一見めんどうくさそうに思いますが、急がば回れです。まずは楽譜に書いてある指番号を守って弾いてみましょう。

STEP:3 ゆっくり合わせてみよう

片手ずつ弾けるようになったら、いよいよ両手で合わせてみましょう。

★ポイント
早いテンポで弾きたくなると思いますが、正しい位置を指に覚えさせることが大切です。「ゆっくり」を心がけて練習しましょう。

ゆっくり合わせてみよう

STEP:4 楽譜をよく見てみよう

慣れてきたら・・・楽譜には音符以外にも様々な情報が書いてあります。
まずp、mp、fなどの強弱記号に気をつけて弾いてみてください。もし書いていなくても、曲が盛り上がるところは少し大きめにしてみましょう。
「いつも何度でも」ではサビの「繰り返すあやまちの~」からの部分になります。より素敵で表情豊かな音楽になりますよ。

STEP:5 自分の演奏を録音・録画してみよう

演奏しているときには気が付かなかったところが見えてきます。
録画は自分が演奏している姿勢・指の形も客観的に見ることができるためオススメの方法です!

★ポイント
両手の音量はどうなっていますか?
最初は弾くのに精一杯かもしれません。だんだん慣れてきたら、伴奏を担っている左手は小さめに、メロディーの右手は少し大きめに弾くとバランスが良く聞こえますよ。

STEP:6

お勧めの曲として紹介した「いつも何度でも」を演奏します。(今回はこちらの楽譜を使用しています。https://www.print-gakufu.com/score/detail/101289/)

最初は思うように弾けないかもしれませんが、ピアノはコツコツ焦らずに練習することが大切です。
そして練習を重ねるうちに、だんだん演奏することが楽しくなってくると思います。今回紹介したポイントを参考に取り組んでみてくださいね。

コメント0件

©2024 All rights reserved. Howto MIKKE